© krooogle - Fotolia.com

© interiorphoto – Fotolia.com

© slavun – Fotolia.com

エッジバンディング(リビングルーム)

家具の加工の中で、最近のエッジバンディングは接着剤に高い課題を課します。見えない接着層は標準となりました。著名な設備メーカーとの緊密な協力のもと、クライベリットは草分け的な解決策を開発してきました。お求めに応じて異なる接着剤が使用されます。接着剤の選定は使用される材料や製品として将来使用される際に置かれる環境、生産における技術的な問題にフォーカスします。目的に応じてEVA,PO,PUR-HMが使用されています。

接着剤

  • EVAホットメルト クライベリット 774.4 / 779.6
  • POホットメルト クライベリット 754.0 / 754.1
  • PUR反応性ホットメルト接着剤 クライベリット 707.6 / 707.9

エッジバンディング(浴室)

端部の見た目だけでなく、エッジ材接着の品質は重要な役割を持っています。もし湿度の高い環境や湿気に触れる状況があった場合、PUR反応性ホットメルト接着剤が選択されます。これはウレタンベースの接着剤で、架橋反応が起こりしっかりと接着し、より高い耐熱性や耐湿性を得ることができます。

 

接着剤

  • PUR反応性ホットメルト接着剤 クライベリット 707.6 / 707.9

エッジバンディング(キッチン)

湿気、熱、水- エッジバンディング用クライベリット接着剤では問題ありません。このウレタン系接着剤は化学的に架橋反応を起こし架橋するため、優れた耐熱性(-30℃~150℃)、耐湿性が得ることができます。クライベリットPUR反応性ホットメルト接着剤はほとんど全てのエッジ材料に使用することができ、食品との接触用製品として2007/72/EGを満たした原材料が使用されています(707.9)

 

接着剤

  • PUR反応性ホットメルト接着剤 クライベリット 707.6 / 707.9